森の都金沢に1987年4月、現在の金沢学院大学の前身、金沢女子大学が日本海側初の4年制女子大学として創立し、その後1995年に男女共学の金沢学院大学に名称変更し現在に至っております。卒業生も10000名を超え、これから益々大きな同窓会になります。
平成から新元号の令和に還元し、それをまたぐ10日間が10連休という史上初の大型連休もあり、日本全体がお祝いムードであったように感じます。
今年の新入学生は過去最高の800名を超えました。昨年新設された教育学科のお陰で認知度が上がって、どの学部も入学者数が増えていると聞いております。多くの専門分野をしっかりと学べる環境は、私が入学した頃の一学部二学科と比べると、本当にうらやましい限りです。
さて、同窓生同士のつながりをもっと深めていきたいと考えている中、夏の同窓会総会や、秋の大学祭でのホームカミングデイの企画があり、同窓生が交流できる機会が増えました。同級生だけでなく、先輩後輩の輪をもっと広げていくことで、翠会がもっと成長していけたらと思っております。これからの活動に皆さま一人一人のご参加を改めてお願い申し上げます。
会長 下置 宏子